ニュースジャングル

ゲーム

任天堂、「スイッチ」5年目で異例の増産 3000万台視野 巣ごもり追い風、販売台数は1億1000万台へ

1 :HAIKI ★:2021/05/02(日) 21:33:21.05 ID:CAP_USER.net
任天堂は2021年度、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の生産をこれまでで最高となる3000万台前後に増やす。競争が激しいゲーム業界で発売から5年目での生産増は異例で、今年度計画を合わせると累計販売台数は1億1千万台に達する見通しだ。「巣ごもり」需要を取り込む構えだが、生産計画の達成は足元の半導体不足の行方も焦点となる…

続きはソース元で
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODZ296330Z20C21A3000000/



続きを読む

ネクソン、バンナムなどゲーム大手3社株取得 600億円

1 :田杉山脈 ★:2021/03/29(月) 13:27:56.56 ID:CAP_USER.net
ネクソンは29日、2020年12月末までに国内のゲームソフト大手3社の株式を合計で約600億円取得したと発表した。低金利下での資金の有効活用を目的とした純投資としているが、今後ゲーム制作の分野などで協業の可能性もある。敵対的なM&A(合併・買収)やアクティビズムは意図していないという。これまでにネクソンが日本の同業他社の株式を取得したことはなかった。

バンダイナムコホールディングス株を約300億円、コナミホールディングス株を約200億円、セガサミーホールディングス株を約90億円分取...
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGD290JP0Z20C21A3000000/



続きを読む

任天堂、新型「スイッチ」にサムスン製の有機EL採用を計画 [田杉山脈

1 :田杉山脈 ★:2021/03/05(金) 20:17:26.39 ID:CAP_USER.net
任天堂は今年中にも韓国のサムスン電子製の有機ELディスプレーを採用した新型の家庭用ゲーム機「スイッチ」を発売することを計画している。現行モデルより一回り大きなタッチパネルの採用で、年末商戦に向けた需要を喚起したい考えだ。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

同関係者らによると、サムスン電子傘下サムスンディスプレーは、解像度1280×720ピクセルの7インチの有機ELパネルの本格生産を6月にも開始する予定。サイズは現行モデルの6.2インチから大型化する。当初は月産100万個弱の規模で生産することを計画している。組み立て委託先へのディスプレーの出荷は7月ごろとなる見通し。任天堂とサムスンディスプレーの広報担当はコメントを控えた。

新型コロナウイルスの感染拡大による生活スタイルの変化などで「あつまれどうぶつの森」のようなヒット作にも恵まれたが、すでにスイッチも発売から5年目に入っており、ソニーの「プレイステーション(PS)5」やマイクロソフトの「Xbox」に対抗するための販売強化策が必要となっている。

インターネット上ではゲーム愛好家を中心にスイッチへの有機EL採用を巡る臆測が飛び交っているが、同社はこれまでのところ沈黙を守っている。任天堂の古川俊太郎社長は2月、すぐに新型のスイッチを発表する予定はないと述べていた。しかし、サムスン電子の関与は、任天堂がスイッチの刷新に本格的に取り組んでいることを示す兆候といえる。

ディスプレー関連の調査分析を行うDSCCの共同創業者である田村喜男氏は、「スイッチが現在採用している液晶ディスプレーと比較して、有機ELパネルはバッテリー消費、画面のコントラスト、レスポンス速度などが向上する可能性がある」と分析する。

関係者によると、任天堂が採用するのはガラスの基板を使った硬い「リジッド有機EL」と呼ばれる廉価なパネル。また、高解像度規格「4K」の出力にも対応するという。ゲーム機本体の大きさに変更がなければベゼル(枠部分)の幅が狭くなる可能性が高いという。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-03-04/QPDVX7T0G1KW01



続きを読む

PS5やパソコン用CPUは2021年前半まで供給不足の見通し。AMD CEOが見解表明 [田杉山脈

1 :田杉山脈 ★:2021/01/28(木) 21:38:08.14 ID:CAP_USER.net
米AMDは26日(現地時間)、2020年第4四半期および通期の決算を発表。これにあわせ、同社最高経営責任者(CEO)のリサ・スー氏が電話会議を行なった。

 このなかでスー氏は、直近のCPU供給不足に関する質問に対して「2020年の半導体市場における需要はひじょうに高く、われわれの想定も超えるものだった。その結果として、2020年末は、とくにローエンドパソコン市場とゲームコンソール市場からの需要に完全には応えきれなかった。製造パートナーからは大きな協力を得られているが、需要に応えるには、業界はさらにキャパシティレベルを上げていく必要がある。

 そのため、2020年上期はまだ供給はタイトなものになるが、下期には供給量を上げられ、年間を通じては需要に見合う供給ができるだろう」と述べ、PlayStation 5を含むゲーム機やパソコン用CPUの供給不足は2021年上期まで続くとの見通し示した。

 パソコン業界では、Intelもプロセスルールの移行に躓き、近年は供給不足に陥っており、今後外部のファウンダリを使って製造するとの話も出てきている。AMDをはじめ、多くのCPUメーカーは外部ファウンダリを利用しており、市場全体での安定供給にはもう少し時間がかかりそうだ。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1303103.html



続きを読む

トップeスポーツプレイヤー賞金獲得額が8割減。コロナの影響 [田杉山脈

1 :田杉山脈 ★:2021/01/22(金) 18:08:01.34 ID:CAP_USER.net
英SAFEBETTINGSITESは、eスポーツの大会でプロプレイヤーが獲得した賞金が、新型コロナウイルスの影響で2020年は昨年の獲得額より8割減少したと伝えた。

 これは大会が新型コロナウイルスの影響で中止になったことや、賞金プールを減少させたことが大きく関連しているとしている。賞金プール金額だけで見た場合でも、2019年に2億4,000万米ドルだったプール金額が2020年には9,200万米ドルと半分以下に減少。ランキング上位50人の獲得賞金に関しても2019年の5,500万米ドルから1,100万米ドルへと大幅に減少した。

2020年の賞金獲得ランキングの1位は、チェスのグランドマスターであるSven Magnus Carlsen氏で、49万9,420米ドルを獲得。ほかにも8位にグランドマスターの日系アメリカ人、ヒカル・ナカムラ氏がランクインするなど、チェスプレイヤーの活躍が目立った。

2019年の賞金獲得ランキングの1位はDOTA2プレイヤーのJesse "JerAx" Vainikka氏で、約316万米ドルを獲得していた。この額は2020年の上位プレイヤー9人の獲得"合計"賞金、約310万より僅かに低い額となり、いかにコロナにより影響を受けたかが窺い知れる。
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/yajiuma/1301901.html



続きを読む
記事検索