ニュースジャングル

ゲーム

世界のAR・VR市場、21年に23兆円 民間調べ

1 :ノチラ ★:2017/08/15(火) 21:04:59.11 ID:CAP_USER.net
調査会社IDCジャパン(東京・千代田)は15日、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)関連の世界市場は2021年に17年比19倍の2150億ドル(約23兆6500億円)の規模に達するとの予測を発表した。

 機器やゲーム・映像ソフト、サービスなどを合わせた市場規模を算出した。世界の年間平均成長率は113%を見込む。日本は67%で、世界の平均を下回る。IDCジャパンの菅原啓アナリストは「日本では率先してVRやARを採用しようという機運がほかの地域に比べ盛り上がっていない」と指摘する。

 世界的には個人や小売業、製造業向けのARとVRが当初の市場拡大をけん引し、運輸や教育などに用途が広がっていくと予想する。地域別に見た17年の市場規模で最も大きいのは米国の32億ドルだった。次いで日本を除くアジア太平洋地域の30億ドル、欧州の20億ドルが大きかった。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HQF_V10C17A8TI1000/



続きを読む

“ネット開設すればNintendo Switchが買える”……ヤマダ電機が不適切な説明で謝罪 「抱き合わせ販売で独禁法違反」の声続出

1 :音泉光征 ★:2017/08/08(火) 23:31:17.14 ID:CAP_USER.net
“ネット開設すればNintendo Switchが買える”……ヤマダ電機が不適切な説明で謝罪 「抱き合わせ販売で独禁法違反」の声続出
8/8(火) 16:52配信 ねとらぼ

 ヤマダ電機は、Twitter上で「Nintendo Switchを購入しようとしたら“単品販売はできないがネット開設を申し込めば購入権が得
られる”と言われた」とするツイートが投稿され「抱き合わせ商法で独占禁止法違反ではないか」とする指摘が相次いでいた件につ
いて、抱き合わせ販売を否定するとともに謝罪文を発表した。

 ヤマダ電機の発表によると、同社は6月からNintendo SwitchとWi-Fi接続機を同時購入した人に向けてNintendo Switch用ソフトを
プレゼントする販売促進策を実施していた。ところが、「Nintendo Switchを単品で購入することはできないが、Wi-Fi接続機器とセ
ットであれば購入できるので、Wi-Fi接続機器の購入をお勧めする」と不適切な説明をされたとする意見が客から寄せられた。同社は
このような販売方針を一切認めていないという。

 ヤマダ電機に問い合わせたところ、Twitter上で指摘のあった投稿についてはネット上で言及された店舗を含めて調査し、一部の店
舗で類似の事実があったことは確認しているという。しかし、独占禁止法で禁じられている抱き合わせ販売を実施したという事実は
なく、Nintendo Switch以外の商品についても同様の調査結果だったとのこと。今後については、「具体的な状況を把握した上で、適
切にキャンペーンを実施していく所存です」とコメントしている。

 なお、Twitter上で投稿された内容が仮に事実だった場合どのような問題があるのか、廣江綜合法律事務所の廣江信行弁護士に聞い
たところ、「抱き合わせ販売が違法になるかは“不当に”なされたか否かなど、具体的な事実関係に照らして厳密に検討する必要が
あります。単体販売の在庫とネット開設申し込みで購入権が得られる分の在庫とで、Nintendo Switchの製品自体が異なっているわけ
ではないため、別個の商品について、抱き合わせ販売をしているだけと評価できる」と語った。
 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000053-it_nlab-sci



続きを読む

任天堂「スイッチ」絶好調、ゲーム専用機がスマホに反撃

1 :ノチラ ★:2017/07/26(水) 23:15:27.30 ID:CAP_USER.net
 スマートフォンに押されていたゲーム専用機がにわかに盛り上がってきた。夏休みを前に、ある家電量販店で、10代の少年が肩を落としてつぶやいた。「ここでも売れ切れている」。

目当ては任天堂の新ゲーム機「ニンテンドースイッチ」。今年3月の発売以来、100万台の大台を超え、目下、品切れ状態が続いている。7月21日発売のソフト「スプラトゥーン2」とハードとのセットも、予約開始初日に受け付けを終了したサイトがある。ある量販店の担当者は「品薄は年内いっぱい続くかもしれない」と明かす。

 ゲーム業界に詳しいファミ通グループの浜村弘一代表は、「この勢いはかつての『Wii』に匹敵する」とみる。株価を見ても、任天堂の時価総額が5兆円を超え、Wiiが発売された2006〜07年をほうふつとさせる。

 任天堂の“勝利の方程式”は、自社ゲーム機を普及させ、ソフトの販売で利益を稼ぐというものだが、その基本に立ち返ったことがヒットの要因になった。ソフト不足で苦戦した「Wii U」(12年発売)の教訓を生かし、今回はハードの発売と同時に、ソフトも「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ワイルド」(任天堂)をはじめ、「マリオカート8」(任天堂)、「モンスターハンターダブルクロス」(カプコン)などの主力ソフトの発売予定を公表してきた。9月には、ポケットモンスターシリーズの「ポッ拳」発売を予定。「ソフトのラインアップが戦略的で、ハードを購入したユーザーが継続的に遊ぶ仕組みをつくった」(浜村代表)。

任天堂のゲーム機はファミリーに強いことで定評があるが、「ゼルダの伝説」ではコアゲームファンを取り込んだのもヒットを後押しした。ゲームを最後までクリアしたときに出るエンドロールに、制作総指揮の一人として、15年7月に亡くなった岩田聡前社長の名前があるのも、ゲームファンの間で大きな話題になった。

勢い持続が課題

 スイッチ以外にも、大型ヒットの予感がある。その代表格がスクウェア・エニックスの「ドラゴン・クエスト11 過ぎ去りし時を求めて」。7月29日に任天堂の携帯用ゲーム機「ニンテンドー3DS」とソニーの据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)4」向けに同時発売される。

 同社はドラクエ30年の集大成として広告を積極投入する計画だ。100万本を売り上げればヒットといわれるゲーム市場で、開発陣は400万本と強気だ。スイッチ向けソフトの販売も視野に入っている。

 ただ、ユーザーは移り気で飽きやすい。昨年、大ブームになったスマホゲーム「ポケモンGO」の失速などはその例だ。スイッチも人気ソフトを継続して出し、飽きさせない戦略が問われる。
http://diamond.jp/articles/-/136269



続きを読む

「Project Scorpio」改め「Xbox One X」、11月7日に米国発売 PS4 Pro対抗4Kゲーム機

1 :ノチラ ★:2017/06/12(月) 10:23:38.31 ID:CAP_USER.net
 米Microsoftは6月10日(米国時間)、「Project Scorpio」のコードネームで呼ばれていたハイエンドゲーム機「Xbox One X」(エックスボックス・ワン・エックス)を米国で11月7日に発売すると発表した。価格は499ドル。

 先行するプレイステーション4 Proと同じく4K解像度のテレビに最適化される。発表は予定どおり、米国で開催中のゲームカンファレンスE3開催前日のイベント「E3 Briefiing」で行われた。「Project Scorpio」は2016年のE3で、17年のホリデーシーズンに発売とのティーザーが流されていた。

 「Xbox One X」はシリーズ最小のエンクロージャーで、その小ささは付属のゲームコントローラとの対比でわかる。

 2160pのフレームバッファをサポートすることにより4K/60FPSでのゲーミング体験が可能。HDRと広色域に対応しながらXbox Oneとの互換性も保つ。GPUは6TFLOPSでグラフィックスメモリはGDDR5 12GB搭載。4.2TFLOPSのPS4 Proと比べて40%以上のマシンパワーを持つと主張している。4KのUHD Blu-ray再生も可能。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/12/news050.html



続きを読む

gumiの国光社長、VRなど新分野「18年末ごろには収益貢献」

1 :へっぽこ記者@エリオット ★:2017/06/09(金) 17:46:45.43 ID:CAP_USER.net
 gumi(3903)の国光宏尚社長は9日の決算記者会見で、仮想現実(VR)事業や動画事業といった新たな成長分野について「1年半後の18年末ごろには収益に貢献するようにしたい」と述べた。

 主力のモバイルゲーム事業については市場が成熟化し、投資の回収期に入っているとの認識を示したうえで「余力をVRなど成長分野に振り分けていく」と語った。

 国光氏は「VRのハードウエアは、5万円程度と手ごろな価格の商品が出てくる17年の年末商戦以降、本格的に普及していく」とし、「(公開から)初期の段階で売り上げが増える『売り切りモデル』が基本となる」との考えを示した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2017/6/9 17:12
日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL09HNZ_Z00C17A6000000/



続きを読む
記事検索