ニュースジャングル

金融

日銀が新制度、気候変動対応の投融資を支援 コロナ対策も延長

1 :へっぽこ立て子@エリオット ★:2021/06/18(金) 14:59:52.16 ID:CAP_USER.net
[東京 18日 ロイター] - 日銀は17─18日に開いた金融政策決定会合で、気候変動に関連した民間金融機関の投融資を支援する新たな資金供給制度を創設することを決めた。気候変動リスクが中長期的に経済・物価・金融情勢にきわめて大きな影響を及ぼしうるとみて、民間を支えることが長い目で見たマクロ経済の安定につながると判断した。

会合では、新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラムの期限を来年3月まで延長することも決めた。今回の会合が審議委員として最後となる政井貴子氏は、決定の公表文の採決に棄権した。

<金融機関の投融資をバックファイナンス>

気候変動に関する資金供給制度は、7月の決定会合で骨子案を公表し、年内をめどに資金供給を始める。成長基盤強化支援オペの後継と位置づけ、同オペによる新規貸し付けは22年6月で終了する。

市場では、資源配分や市場中立性の観点から日銀の金融政策と気候変動問題には距離があると見られてきたが、日銀は気候変動リスクに金融政策面から対応する方針に舵を切った。日銀は声明文で、金融政策面での対応に当たっては「市場中立性に配慮しながら行うことが重要」と指摘。新制度を通じ、金融機関が自らの判断で取り組む気候変動対応の投融資をバックファイナンスする。

一方、新型コロナ特別プログラムは、棄権した政井委員を除く8名の委員の賛成多数で延長を決めた。同プログラムはコマーシャルペーパー(CP)・社債の増額買い入れと金融機関への特別オペで構成。CP・社債は22年3月末まで合計約20兆円の残高を上限に買い入れを行う。日銀は企業の資金繰りについて「ひところより改善しているが、コロナの影響でストレスが掛かる状況が続く」と指摘した。

<経済持ち直し基調も「不確実性大きい」>

現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付き量的・質的金融緩和政策について、賛成多数で現状維持を決定した。

政策金利の目標は賛成7、反対1、棄権1で据え置きを決定した。短期金利は、引き続き日銀当座預金のうち政策金利残高にマイナス0.1%の金利を適用する。長期金利は、10年物国債金利がゼロ%程度で推移するよう、上限を設けず必要な金額の長期国債の買い入れを行う。片岡剛士委員は長短金利引き下げで緩和を強化することが望ましいとして反対。政井委員は棄権した。

長期国債以外の資産買い入れ規模も据え置き。当面、上場投資信託(ETF)は年12兆円、不動産投資信託(REIT)は年1800億円の残高増加ペースを上限に必要に応じて購入する。政井委員は棄権した。

日銀は声明文で、国内経済について、感染症の影響で引き続き厳しい状態にあるが基調としては持ち直していると指摘。先行きはコロナの影響が徐々に和らいでいくもとで回復していくとみられるものの、「不確実性が大きい」との認識を示した。

当面は感染症の影響を注視し、必要があればちゅうちょなく追加緩和を講じると改めて表明。政策金利は、現在の長短金利の水準またはそれを下回る水準で推移すると想定しているとした。

2021年6月18日1:19 午後
ロイター
https://jp.reuters.com/article/idJPL3N2O00ZA



続きを読む

米金融当局、利上げ警告のシグナル発信−物価圧力のサプライズに対処【FOMC】

1 :へっぽこ立て子@エリオット ★:2021/06/17(木) 14:01:34.71 ID:CAP_USER.net
→23年までに2回の利上げを見込んでいると示唆、市場の不意突く
→インフレ巡り「かなりの不確実性がある」とパウエルFRB議長

米金融当局者は過去数カ月間、物価上昇は一過性のものだと説明してきた。しかし、16日の連邦公開市場委員会(FOMC)会合が終わってみると、当局者はそれほど確信を持てなくなっていることが浮き彫りとなった。

  最新の金利予測分布図(ドット・プロット)は、当局者が2023年末までに2回の利上げを見込んでいることを示唆し、金融市場は不意を突かれたが、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長はその後の記者会見で、「われわれの想定よりインフレ率が高くなるリスクはあるだろうか」とした上で、それは「イエスだ」と語った。

  経済活動再開に伴う最近の物価上昇が、金融当局者のこれまでの説明の通り一時的なのか、もっと持続的であるのかを巡って、当局者は投資家や批判者との間で綱引きを繰り広げてきた。

□関連記事
FOMC、23年末までに2回の利上げを予想−テーパリング議論へ
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-16/QUT3CET1UM0X01



The Fed's New Dot Plot/Source:Bloomberg

  パウエル議長は「かなりの不確実性がある」と指摘。そしてFOMC参加者も最新の四半期経済予測で実際に今後3年間のインフレ率の見通しを上方修正した。21−23年の予想はいずれも2%の当局目標を上回っている。
□FRBによる声明文pdf
https://www.federalreserve.gov/monetarypolicy/files/fomcprojtabl20210616.pdf

  金融当局が昨年8月に採用した政策の新たな戦略では、物価上昇に従来よりも辛抱強く臨むことが求められる。だが最新のインフレ見通しからは、長期の物価上昇を試すことを当局者の大部分は望んでいない様子がうかがわれる。 

  当局目標を上回る物価上昇が3年間続けば、一般の人々の認識にも浸透し始め、インフレ期待が上方にシフトするリスクがある。今回のFOMCは主に、当局者としてそうした事態は生じさせない意向であるとのシグナルを発する趣旨だったと考えられる。

  マクロポリシー・パースペクティブズの創設パートナー、ジュリア・コロナド氏は当局者について、「会合前のコメントに比べ、インフレ上振れのリスクへの懸念を大幅に強めている。彼らは心配しており、それに対処したいと望んでいる」との分析を示した。

  また、元FRBエコノミストで、現在はジョンズ・ホプキンズ大学経済学教授のジョナサン・ライト氏はFOMCについて、「委員会がこうした方向に少し進んだ理由はリスク管理だ。過熱のリスクは以前よりもやや大きくなっている」と話した。



Mandate State of Play/While inflation has soared well above Fed's goal, employment lagging behind/Source:Bureau of Economic Analysis,Bureau of Labor Statistics

原題:Fed Officials Rattle Rate-Hike Saber as Price Pressures Surprise(抜粋)
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-06-16/fed-officials-rattle-rate-hike-saber-as-price-pressures-surprise

2021年6月17日 11:29 JST
Bloomberg
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-06-17/QUTJLTT0G1KW01



続きを読む

みずほのシステム障害「信頼損ない遺憾」 官房長官

1 :田杉山脈 ★:2021/06/16(水) 16:42:44.73 ID:CAP_USER.net
加藤勝信官房長官は16日の記者会見で、みずほフィナンシャルグループのシステム障害を巡り「金融機関の信頼を大きく損なうもので誠に遺憾だ」と述べた。「金融庁が顧客対応や原因究明、再発防止策について集中的にフォローアップを進めている。必要な対応をしていく」とも語った。
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA163GX0W1A610C2000000/



続きを読む

ヤマダが銀行サービス 家電と住宅ローン一体で

1 :ムヒタ ★:2021/06/16(水) 06:04:23.01 ID:CAP_USER.net
ヤマダホールディングス(HD)が銀行サービスに進出する。このほど子会社を通じて銀行代理業の許可を得た。住信SBIネット銀行のシステムを使い、家電、家具、住宅などの購入者にローンなどの提供を7月に始める。家電量販最大手の参入によって小売業と金融の融合が進む。

家電量販チェーンが銀行代理業の許可を得たのは初めて。住信SBIネット銀行が仮想銀行「ヤマダネオバンク」を設ける。消費者はそこの口座を通じて預金、ローン、デビットカー...
2021年6月16日 1:00 (2021年6月16日 5:38更新)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC048420U1A600C2000000/



続きを読む

みずほ銀システム障害 11人処分

1 :田杉山脈 ★:2021/06/15(火) 17:41:34.85 ID:CAP_USER.net
みずほ銀行で2〜3月に発生した一連のシステム障害を受け、親会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)は15日、坂井辰史社長(61)を減給処分とするなどの社内処分を発表した。

 坂井社長は減給6か月(2分の1)、みずほ銀の藤原弘治頭取(59)は減給4か月(2分の1)とする。処分は合計11人に上る。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b8e8e1cd8152fc7e18fa411d389983417a54f1d



続きを読む
記事検索