ニュースジャングル

金融

あおぞら信託銀、「GMOあおぞらネット銀行」に ネット銀行事業を開始

1 :ノチラ ★:2017/10/19(木) 17:25:30.15 ID:CAP_USER.net
 あおぞら銀行(8304)傘下のあおぞら信託銀行は19日、臨時株主総会で商号を「GMOあおぞらネット銀行」に変更すると決議した。同日に開催した取締役会でインターネット銀行事業の開始を2018年7月に決定した。

 商号の変更はネット銀行事業を開始する前の18年6月を予定している。インターネットを基軸とした各種サービスに金融にIT(情報技術)を活用したフィンテック企業との連携を深めて成長を目指す。

あおぞら銀行グループとGMOインターネット(9449)は16年6月24日、ネット専業銀行を共同運営することで提携していた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL19HTB_Z11C17A0000000/



続きを読む

SBI証券と三井住友信託銀、持ち合い株を個人向けに販売

1 :ノチラ ★:2017/10/17(火) 17:10:05.96 ID:CAP_USER.net
 SBIホールディングス(8473)の中核証券会社であるSBI証券と三井住友信託銀行は17日、企業が取引関係の維持などを目的に保有している持ち合い株(政策保有株)を個人投資家向けに販売するサービスを開始したと発表した。保有株式を一括売却したい企業と株式を割安に買いたい個人投資家の双方の需要を結びつけ、持ち合い解消を後押しする。

 新サービスの名称は「株式一括売却信託/立会外トレードサービス」。企業から売却株の信託を受けた三井住友信託銀行が対象株式をSBI証券へ売却し、SBI証券が個人投資家に株式を売却する。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL17HHK_X11C17A0000000/



続きを読む

みずほフィナンシャルグループ 名誉顧問7人の在籍を公表

1 :ノチラ ★:2017/10/17(火) 00:28:30.16 ID:CAP_USER.net
大手金融グループの「みずほフィナンシャルグループ」は、企業の相談役や顧問が何をしているのか不透明だという指摘を踏まえ、16日、社長経験者ら7人が「名誉顧問」として在籍しているとしたうえで、経済団体の活動を行っている1人を除き報酬を支払っていないことなどを明らかにしました。
企業の相談役や顧問をめぐっては、経営や人事にどう関わっているかが不透明だという指摘が出ていて、東京証券取引所は来年1月から、上場企業に対し業務の内容や報酬などについて情報開示を求める制度を始める方針です。

これを前に、「みずほフィナンシャルグループ」は、16日、持ち株会社の会長や社長の経験者ら7人が「名誉顧問」として在籍し、いずれも任期は「終身」であることを明らかにしました。

部屋や車は必要に応じて用意していますが、報酬は経済団体の活動をしている1人を除き支払っていないということです。

「みずほ」は、顧問の役割についてことし、社内規定を見直し、経営に関与しないことをより明確にするとともに、名誉顧問が会社にとって重要な活動を行う場合には、2000万円を上限に報酬を支払うなどとしています。

「みずほ」は、ほかの大手金融グループに先んじて「名誉顧問」の情報を開示しましたが、傘下の銀行や証券、信託銀行の「常任顧問」については東証が開示を求める対象になっていないなどとして公表していません。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171016/k10011179571000.html



続きを読む

シティ、IT企業へ変身加速 預金に来店不要

1 :ノチラ ★:2017/10/13(金) 03:22:32.48 ID:CAP_USER.net
米金融大手シティグループのマイケル・コルバット最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞記者と会い、自らが巨大なテクノロジー企業になり、IT(情報技術)を駆使して個人向けに利便性の高いサービスを提供することが重要だと話した。一方で、「ビットコイン」については基礎技術は重要だが投機的だとし、同ビジネスには参入しないとした。

 ――テクノロジー分野に力を入れていますが、それを成長に…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22183650S7A011C1EE9000/



続きを読む

日本経済に「真の夜明け」? 日銀副総裁の自信

1 :ノチラ ★:2017/10/12(木) 07:15:43.74 ID:CAP_USER.net
「今度こそ、真の夜明けが近い」。日銀の中曽宏副総裁が5日、ロンドンの講演で強気の経済論を唱えた。労働市場の改革が進むのとともに、生産性が改善していくことを強調。物価上昇圧力は「かなりの確度で高まっていく」とした。副総裁の任期満了まで半年弱。物価目標の達成は想定以上にハードルが高かったが、その環境は十分に整ったと自信を深めている。

 中曽氏が使った「夜明け」という言葉には少し深い意味合いがある。白川…


https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22125650R11C17A0ENK000/



続きを読む
記事検索