ニュースジャングル

企業

パソナ、ひとり親100人を採用へ 淡路島への移住促す

1 :田杉山脈 ★:2021/06/17(木) 14:33:50.78 ID:CAP_USER.net
人材サービス大手のパソナグループは、主な本社機能の移転を進めている兵庫県淡路島で、小学生以下の子どもを持つひとり親100人を新たに採用することを決めた。昨年夏に始めた、コロナ禍で就職先を見つけにくいシングルマザーらを雇用する取り組みを拡大し、淡路島への移住を促進するねらいがある。

 募集するのは正社員もしくは契約社員で、年齢や性別は問わない。仕事内容はパソナが運営する島内のテーマパークや複合リゾート施設の運営や接客・販売、農業、営業部門や人事といった管理部門など。正社員の年収は350万〜600万円。子育てに時間を取りたい人らは希望に応じて短時間の契約社員として採用する。住まいは、パソナ側が用意する社宅などを利用できるようにする。

 従業員の子どもは、学習塾、英語やピアノなどの教室を福利厚生サービスとして無料で利用できるという。

 パソナは東京の主な本社機能について淡路島への移転を進め、2024年までに約1200人を島内に配置する計画。昨年8月にひとり親の支援プロジェクトを立ち上げ、8人のシングルマザーを雇用している。
https://www.asahi.com/articles/ASP6J6RQ5P6JPLFA008.html



続きを読む

ヤマダHD、銀行サービス開始へ

1 :田杉山脈 ★:2021/06/16(水) 16:59:08.55 ID:CAP_USER.net
家電量販店を展開するヤマダホールディングスが、7月にも、個人向け銀行サービスをスタートさせる。

ヤマダホールディングスが始めるのは、グループの店舗で家電や家具、住宅などを購入した人向けの銀行サービスで、住信SBIネット銀行がシステムを提供する。

関係者によると、7月にも、専用口座を通じて預金やローンなどが利用でき、ヤマダの特典ポイントなどを受けられるサービスを始め、例えば、住宅購入で融資を受けて半年以内に家電などを購入した場合、5%分のポイントを上乗せするなどの仕組みが検討されているという。

ヤマダは、大塚家具を傘下に収めるなど、住まいに関連した事業を強化している。
https://news.yahoo.co.jp/articles/b41a063c0b842997553d00f76b61d617a09a9c64



続きを読む

日本郵船、車LNG船発注で世界最大規模 脱炭素対応

1 :田杉山脈 ★:2021/06/14(月) 18:38:51.70 ID:CAP_USER.net
日本郵船は液化天然ガス(LNG)を燃料とする自動車運搬船を12隻発注する。金額は1000億円を超え、LNGの車運搬船の発注として世界最大規模。重油を使う従来船に比べ航行中の二酸化炭素(CO2)排出量を約25%減らす。サプライチェーン(供給網)全体で脱炭素をめざす自動車大手の動きを背景に海運業界の燃料転換が本格化する。

車業界では、独フォルクスワーゲン(VW)がLNG燃料船の使用を実質上の入札条件にしている...
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC0997Y0Z00C21A6000000/



続きを読む

トヨタ、35年に自社工場のCO2排出実質ゼロ 目標前倒し:

1 :少考さん ★:2021/06/12(土) 06:39:43.10 ID:CAP_USER.net
#再生可能エネルギー (そんな物は存在しません by FOX★)

トヨタ、35年に自社工場のCO2排出実質ゼロ 目標前倒し: 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD118250R10C21A6000000/

2021年6月11日 16:24 (2021年6月11日 23:39更新)

トヨタ自動車は11日、2035年までに世界の自社工場で二酸化炭素(CO2)の排出を実質ゼロにする目標を発表した。これまで50年に達成するとしていた目標を前倒しした。世界で温暖化ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンゼロ」に向けた取り組みが進み、自動車でも生産から廃棄までのCO2排出量を重視する動きが広まっている。

トヨタは自動車の塗装や、鋳造工程に新技術を取り入れ、生産に伴うCO2排出を抑える。再生可能エネルギーの利用を増やす。同日、オンライン記者会見を開いた岡田政道チーフ・プロダクション・オフィサーは「カーボンニュートラルについては生産工程においても達成していくのが当然の取り組みになる」と話した。

モーターなどの動力を使わずに重力を利用した単純な仕組みで部品を運搬したりする「からくり」も「究極のカーボンニュートラル装置」(岡田氏)として導入を広げてCO2排出を減らす。またCO2の排出削減量を証書化した「クレジット」も購入する。

トヨタは連結対象の企業も含めて19年に世界の工場で約568万トンのCO2を排出している。自社の工場でのCO2排出量は、車の原材料調達から生産、使用、廃棄までの全体の2%に満たない。自動車の電動化や工場内にとどまらない供給網全体でのCO2削減の取り組みが急務になっている。

トヨタは脱炭素化に向け、30年に電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)など電動車の販売台数を現在の4倍弱に当たる約800万台にする計画を掲げる。50年には世界の新車走行時の平均CO2排出量を10年比で9割減らすことも目指している。

トヨタは直接取引している世界の主要部品メーカーに対しても、21年のCO2排出量を前年比で3%減らすよう求めており供給網全体での脱炭素化を進めている。海外では独ダイムラーが39年に供給網全体でのカーボンニュートラル達成を計画している。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。



続きを読む

LINE、政府に虚偽説明 データ「日本に閉じている」実際は韓国

1 :田杉山脈 ★:2021/06/11(金) 18:42:20.50 ID:CAP_USER.net
Zホールディングス(ZHD)の第三者委員会は11日、子会社のLINE(ライン)で発生した個人情報問題に関する第1次報告を公表した。LINEが政府に対し、日本国内の利用者が通信アプリでやりとりした画像や動画を韓国のサーバーに保管していたにもかかわらず「データは日本に閉じている」と虚偽の説明をしていたことが明らかになった。
 LINEでは、日本の利用者の個人情報が、業務委託先の中国の関連会社から閲覧可能になっていたことも判明している。LINEは、中国からアクセスがあったことも対外的に説明をしていなかった。
 報告書は「LINEには、正確な情報発信によって説明責任を果たす姿勢が社内で不足していた」と指摘した。(共同)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/110117



続きを読む
記事検索