ニュースジャングル

企業

ヤフーとLINE「統合検討は事実」 両社がコメント

1 :ムヒタ ★:2019/11/14(木) 11:54:09.62 ID:CAP_USER.net
 インターネットのポータルサイト「ヤフー」を展開するZ(ゼット)ホールディングス(HD)と、無料通信アプリ大手のLINE(ライン)が経営統合に向けて交渉していることについて、ZHDと親会社の携帯電話大手ソフトバンク、LINEが14日朝、それぞれコメントを発表した。

 ZHDは「本件について協議を行っていることは事実だが現時点で決定した事実はない」、ソフトバンクは「本件を含めさまざまな可能性について協議を行っているが決定した事実はない」、LINEは「企業価値向上のための施策の一つとして検討を進めているのは事実だが、決定した事実はない」とコメント。統合協議については認めつつ、現時点ではまだ協議中で決まっていないとした。
2019年11月14日08時55分
https://www.asahi.com/articles/ASMCG2QLWMCGULFA00C.html



続きを読む

粉飾決算した企業の経営破綻 増加 人件費高騰が背景か

1 :ムヒタ ★:2019/11/14(木) 09:00:36.40 ID:CAP_USER.net
架空の売り上げを計上するなど決算を粉飾した結果、金融機関から融資を受けられなくなるなどして経営が破綻した企業の数が増えていることが民間の調査で分かりました。調査会社では人件費の高騰で経営が厳しくなっていることなどが背景にあるとしています。

民間の調査会社、東京商工リサーチによりますと、ことしに入って先月までに経営が破綻した企業のうち、架空の売り上げを計上するなど決算の粉飾が要因になった事例は16件にのぼっています。

去年1年間の9件から大幅に増えているほか、2000年以降の年間の平均の12件をすでに上回っています。

なかには長年、赤字を隠蔽しながら20を超える金融機関にうその決算書を出していた事例もあったということです。

東京商工リサーチでは、人件費の高騰で資金繰りが苦しい企業が増えていることに加え、金融機関が融資の審査をする際により細かくチェックすることで粉飾が発覚するケースが増えたのではないかとみています。

全国地方銀行協会の笹島律夫会長はきのうの会見で「われわれ地方銀行としても目利き力を高める仕組みづくりや研修をしないといけない」と述べ、金融機関側も不正を見抜く対応を強化する必要があるという認識を示しました。
2019年11月14日 6時43分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191114/k10012176681000.html



続きを読む

ヤフーとLINE経営統合へ ネット国内首位に

1 :田杉山脈 ★:2019/11/14(木) 02:02:00.67 ID:CAP_USER.net
検索サービス「ヤフー」を展開するZホールディングス(HD)とLINEが経営統合に向けて最終調整に入った。LINEの対話アプリの利用者は約8千万人で、ヤフーのサービスは5千万人に上る。金融、小売りも手がける1億人規模のサービス基盤が誕生し、国内ネット産業の勢力図が大きく変わる。アジアを舞台に米国や中国のメガプラットフォーマーに対抗する。

ヤフーとLINEの主な事業の合算規模
Zホールディングスの株式…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52139820T11C19A1I00000/



続きを読む

東芝、営業益520億円 全部門黒字化でも成長どこに

1 :田杉山脈 ★:2019/11/13(水) 17:28:53.33 ID:CAP_USER.net
東芝の稼ぐ力が安定してきた。13日発表した2019年4〜9月期決算(米国会計基準)の連結営業利益は前年同期比約7倍の520億円と、同期間で3年ぶりの水準に回復した。受注した事業の採算の改善やコスト削減の効果で、インフラやエネルギーなどの部門で営業損益が好転した。ここ2年は期末にかけて期初計画が未達だっただけに、増益決算は短期的な市場の評価は得られそうだが、中長期の成長力には課題が残る。

売上高は…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52091650S9A111C1000000/



続きを読む

10月の企業倒産、前年比6.8%増 2カ月連続増加

1 :へっぽこ立て子@エリオット ★:2019/11/11(月) 16:48:33.03 ID:CAP_USER.net
民間調査会社の東京商工リサーチが11日発表した10月の全国企業倒産件数は前年同月比6.8%増の780件だった。2カ月連続で前年を上回った。10月度では2年ぶりに前年同月を上回った。一方、負債総額は同24.7%減の885億7800万円と、5カ月連続で前年を下回った。

産業別の倒産件数は、全10産業のうち小売業や不動産業など5産業が前年同月比で増えた。一方、燃料費の高止まりや人手不足の影響が懸念される運輸業は8カ月ぶりに前年同月を下回った。

負債100億円以上の倒産は2カ月ぶりに発生しなかった。負債額が1億円未満の倒産が603件と、全体の77.3%を占め、小規模企業の倒産が大半であることに変化はなかった。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2019/11/11 13:52
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11HTY_R11C19A1000000/



続きを読む
記事検索