ニュースジャングル

企業

AI自動運転 障害物を回避 ソフトバンク、清掃ロボ8月投入

1 :ムヒタ ★:2018/07/19(木) 06:39:59.01 ID:CAP_USER.net
 ソフトバンクグループのロボット事業子会社ソフトバンクロボティクスは18日、人工知能(AI)を搭載して自動運転する業務用清掃ロボットを8月1日に発売すると発表した。本体価格は248万円、自動運転利用は60カ月契約で料金は月額5万9800円。人が乗って運転した経路を覚え、障害物があってもセンサーとAIで避けながら自律的に清掃を続ける。

 業務用清掃ロボットは、高さ138センチ、長さ169センチ、幅84センチ。光センサーとカメラが設置されており、障害物を検知。人など動いているものの場合は停止し、静止しているものに対しては、AIが回避経路を判断する。異常が発生した場合は、所有者のスマートフォンに画像データを送信することもできる。

 ソフトバンクグループが昨年設立した10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が出資する米国企業などが開発。自動走行時の速度は最速で時速4キロ。1時間で約2600平方メートルを洗浄し、約3時間連続稼働できる。

 昨年11月に、今夏のサービス開始を発表していた。
2018.7.19 06:05
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180719/bsj1807190500002-n1.htm



続きを読む

近鉄百の3〜5月期、純利益23%増 免税品好調で最高益

1 :ラテ ★:2018/07/17(火) 21:47:38.63 ID:CAP_USER.net
近鉄百貨店が17日発表した2018年3〜5月期の連結決算は、純利益が前年同期比23%増の11億円となり、3〜5月期としては過去最高益を更新した。訪日客向けの販売が好調だった。3〜4月は暖かい日が多く春物や初夏向け衣料の売れ行きもよかった。

売上高は6%増の706億円だった。このうちあべのハルカス近鉄本店の売上高は315億円と18%増えた。衣料品や免税品の販売が好調だった。近隣にあった同業他社の閉店も客数の増加につながった。

免税品売上高は77億円と4.4倍に急増した。中国からの訪日客向けに化粧品やベビー用品の販売が伸びた。賃貸によるテナントの売り場を増やしたことも利益に貢献し営業利益は25%増の12億円になった。

19年2月期の業績予想は据え置いた。純利益は前期の2.5倍の36億円、売上高は1%減の2780億円を見込む。

2018年7月17日 21:00 日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33063120X10C18A7DTA000/



続きを読む

加入者増加、予想を下回る 米Netflix (ネットフリックス)[07/17]

1 :謎の二枚貝 ★:2018/07/17(火) 11:22:35.85 ID:CAP_USER.net
米動画配信大手ネットフリックスは16日、2018年6月末の世界加入者数が1億3014万人となり、
3月末からの増加幅が515万人だったと発表した。4月時点に予想していた620万人増を大きく下回った。

 この日発表の18年4〜6月期決算で明らかにした。動画配信をめぐっては米アマゾン・コムなども力を入れており、
競争激化が響いたもようだ。ネットフリックスの成長減速が意識され、米株式市場で同社の株価は16日の時間外取引で急落した。

 ネットフリックスの18年4〜6月期は、売上高が前年同期比40・3%増の39億727万ドル(約4390億円)、
純利益も約5・9倍の3億8434万ドルと大幅な増収増益だった。(共同)




産経ニュース
https://www.sankei.com/economy/news/180717/ecn1807170020-n1.html



続きを読む

運転の癖をAIが記憶し再現 日産、完全自動化に開発進む

1 :ムヒタ ★:2018/07/17(火) 07:43:14.13 ID:CAP_USER.net
 日産自動車が、ドライバーの運転パターンを学習する自動運転車の開発を進めていることが16日、分かった。自動と手動を切り替えられる車を想定しており、手動で運転する際のハンドルの切り具合やブレーキの踏み方などドライバーの“癖”を人工知能(AI)が覚えて自動運転に反映し、乗員の違和感を小さくする。同社は2022年に完全自動運転車両の展開を目指しており、この頃に実用化される可能性がある。

 交通事故の9割が人為的な過失によるものとされており、自動運転車が普及すれば、事故を大幅に減らせる見込みだ。ただ、たとえ安全でも、加減速のタイミングや曲がるときの位置の取り方などの運転パターンが日常的に感じる乗車体験とかけ離れていると、乗員は安心して自動運転に任せられない。このため、日産はAIが運転パターンを記憶し、その車の主なドライバーの運転を自動で再現させる方向で開発している。

 他の自動車メーカーと同じく日産も、「運転する楽しさ」を訴えており、ドライバーが運転したいときは手動でハンドルを握り、疲れているときや作業をしたいときなどは自動運転に切り替えることを想定している。

 日産は16年から、「プロパイロット」と称する一連の先進安全機能をミニバン「セレナ」、小型車「ノート」などの主力車に順次、搭載してきた。昨年、全面改良して発売した電気自動車(EV)「リーフ」では、ボタン一つで自動駐車できる機能を追加。今年度内には、高速道路の複数車線を自動で走行する機能を実用化する見通しだ。

 日産の中畔(なかぐろ)邦雄専務執行役員は自動運転車両について、「快適に移動できるシステムとして進化させていく。自動運転は運転の代行ではなく、(乗員の)期待値に車の挙動を合わせていく必要がある」と話している。
2018.7.17 06:13
https://www.sankeibiz.jp/business/news/180717/bsa1807170500001-n1.htm



続きを読む

国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映

1 :ラテ ★:2018/07/16(月) 08:38:40.56 ID:CAP_USER.net
会計ルールを日本基準などから国際会計基準(IFRS)に変更する企業が増えている。今後の変更予定を含め6月末時点で204社と1年前より2割増えた。東京証券取引所の上場企業の6%で、大企業の採用が多いため株式の時価総額ではほぼ3分の1を占める。M&A(合併・買収)後の会計処理に利点があるとして、M&Aで世界市場を開拓する企業がIFRSに移行している。

2018年度はNTTグループや三菱重工業、京セラ…

続きはこちらでお願いします。
2018年7月15日 20:30 [有料会員限定]日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO33023560V10C18A7MM8000?s=3



続きを読む
記事検索