ニュースジャングル

IT

スペースX、540億円超を調達 米メディア報道 [ムヒタ

1 :ムヒタ ★:2020/05/27(水) 06:05:54.21 ID:CAP_USER.net
【シリコンバレー=白石武志】米宇宙開発ベンチャーのスペースXが直近の資金調達で5億ドル(約540億円)超を確保したことが26日、明らかになった。米CNBCテレビが報じた。調達した資金は大型宇宙船「スターシップ」の開発や、約1万2000基の小型衛星を使った通信網「スターリンク」の構築などに充てるとみられる。

スペースXは米起業家のイーロン・マスク氏が2002年に設立した。再使用できる大型ロケットの開発などを手掛けており、米国の宇宙開発をけん引する存在だ。27日には同社が開発した7人乗りの宇宙船「クルードラゴン」を使った初の有人飛行試験が予定されている。

同社は20年3月に米証券当局に提出した開示資料の中で、もともと2億2000万ドル規模の資金調達を予定していた。5月26日付で計画を修正する届け出を出しており、CNBCによると調達額は合計5億6000万ドル規模に増えた。19年以降の資金調達の総額は約20億ドルになったもようだ。

今回の資金調達によってスペースXの企業価値の評価額は360億ドル前後に達したと推測されている。米国のユニコーン(企業価値が10億ドルを超える未上場企業)の中では決済サービスを手掛けるストライプと並んで最大規模となる。
2020/5/27 5:19
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59618880X20C20A5000000/



続きを読む

さくらインターネット、機械学習やPythonの講座を無償公開 [田杉山脈

1 :田杉山脈 ★:2020/05/23(土) 18:50:40 ID:CAP_USER.net
 さくらインターネットは5月22日、人工衛星が取得したデータを使って機械学習やプログラミングの基礎が学べるeラーニング教材を無償公開すると発表した。在宅によるオンライン学習をサポートしたい考え。

 提供するのは、動画で衛星データやプログラミングの基礎知識、データの解析手順などを学べる「Tellus Trainer」と、Pythonを使って簡単な画像処理や衛星画像の加工などを学べる「Tellus×TechAcademy 初心者向け Tellus 学習コース」。衛星データをクラウド上で分析できる同社のサービス「Tellus」の利用を想定している。

 両講座は2019年に受講登録をしたユーザーに提供していたもの。新型コロナウイルス感染症の影響で外出自粛が続く中、自宅での学習を支援するため、登録なしでも動画教材を見られるようにした。公開期間は5月22日から6月30日まで。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/22/news095.html



続きを読む

Netflix、日本の映画・ドラマ制作者に10万円支給 業界支援で約1億円を拠出 [ムヒタ

1 :ムヒタ ★:2020/05/22(金) 13:28:49 ID:CAP_USER.net
 米Netflixは5月22日、新型コロナウイルス感染症の影響で映画やドラマの制作が停止し、経済的に困窮している日本の制作従事者を対象に、1人当たり10万円の支援金を支給すると発表した。支給総額は約1億円。映像産業振興機構(東京都中央区)を通じて、28日から申請を受け付ける。

 受給資格があるのは、日本で映画やドラマの撮影に携わっている監督、制作進行、撮影担当、照明、音響、美術、編集、スクリプターなどのスタッフ。フリーランスも対象。新型コロナウイルス感染症の影響で制作が延期もしくは停止していることを証明する必要がある。

 申請は映像産業振興機構のWebサイトで、5月28日から6月末まで受け付ける。先着順で、支給総額が1億円に達した時点で終了する。申請から2週間程度で支給する。
2020年05月22日 12時45分
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/22/news070.html



続きを読む

Netflix、休眠アカウントに継続の意思確認--「お客様の大切なお金の節約に」 [ムヒタ

1 :ムヒタ ★:2020/05/22(金) 08:45:47.16 ID:CAP_USER.net
 Netflixのアカウントを持ちながらも利用していない場合、支払っている月額料金を無駄にしていることになる。そこでNetflixは、しばらく利用していないユーザーに対して継続の意思確認をすることにした。

 同社は今週から、過去2年以上利用していないユーザーおよび加入から1年間利用していないユーザーにメールまたはアプリの通知を送り、継続を希望するかを確認する。継続の意思表示がなければ、メンバーシップを自動的にキャンセルする。キャンセルした場合でも10カ月以内に再開すれば、お気に入り情報やプロフィール、パーソナライズされた各種設定、アカウント詳細はそのまま利用できるという。

 Netflixのプロダクトイノベーションを統括するEddy Wu氏は同社ブログで、「休止状態のアカウント数は、メンバー全体の0.5%に満たないわずか数十万人で、財務ガイダンスにはすでに組み込まれています」と述べ、「この新しいアプローチが、お客様の大切なお金の節約につながることを願っています」と締めくくった。
2020年05月22日 08時40分
https://japan.cnet.com/article/35154184/



続きを読む

米エヌビディア利益2.3倍 2〜4月、ゲーム用半導体好調 [ムヒタ

1 :ムヒタ ★:2020/05/22(金) 07:38:04.06 ID:CAP_USER.net
【シリコンバレー=佐藤浩実】米半導体大手エヌビディアは21日、2020年2〜4月期の純利益が前年同期比2.3倍の9億1700万ドル(約990億円)だったと発表した。売上高は39%増の30億8000万ドル。新型コロナウイルスの影響で自動車向け半導体の販売が停滞する一方で、巣ごもり需要を支えるデータセンター向けが8割増えて全体を押し上げた。増収増益は2四半期連続。

データセンター向けの売上高は11億4100万ドルとなり、四半期ベースで初めて10億ドルを上回った。米アマゾン・ドット・コムや米マイクロソフトといったクラウド大手が投資を積み増しているためだ。コロナで在宅勤務に使うサービスやネット動画の視聴が一段と進んだことも、販売拡大につながった。

ゲーム向けは前年同期比27%増の13億3900万ドル。2月はサプライチェーン(供給網)の混乱や店舗閉鎖による落ち込みが目立ったが、自宅で過ごす時間が延びたことでゲームで遊ぶ人が増え、四半期ベースではプラスとなった。一方で、自動車向けは7%減の1億5500万ドルだった。エヌビディアは自動車分野の停滞が今後数四半期続くとみている。

5〜7月期の売上高の予想は35億7700万〜37億2300万ドル。前年同期を38〜44%上回る水準で、4月末に買収を完了した部品メーカー、メラノックス・テクノロジーズの事業が寄与する。エヌビディアは14日に処理性能を大幅に高めたデータセンター向けGPU(画像処理半導体)を発表したばかりで、新製品の販売効果も見込んでいる。
2020/5/22 6:35
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59432930S0A520C2000000/



続きを読む
記事検索