ニュースジャングル

社会

設置簡単!荒らしアライグマ用の罠「アライグマ カムカム」[4/14]

1 :キャプテンシステムφ ★:2014/04/14(月) 09:14:19.08 ID:???
 【芦別】松井鉄工(市北3西1)を経営する松井透さん(52)が、アライグマ捕獲用の箱わなで特許庁に意匠登録を認められた。
町工場の技術で工夫を凝らし軽量化を実現、簡素な造りでメンテナンスも容易にした。
アライグマによる農産物被害は空知管内でも広がっており、自治体や農協からの問い合わせが相次いでいる。

 箱わなは鉄製で全長97・5センチ、幅26・5センチ、高さ55センチ。
わなの奥に餌を置き、アライグマが中に入って踏み板に触れると、扉が落下して閉まる仕組みだ。
松井さんは十数年前に市からキツネ用のわなを依頼され製作した経験があり、これを基に改良を重ねて完成させた。

 わなは1枚の鉄製の網を巧みに箱形に加工し、四方に鉄枠をつけないことなどで軽量化。
踏み板と扉をつなぐ部分にバネなどを使わず構造をシンプルにして取り扱いを容易にした。
重さは9キロほどで1人で持ち運ぶことができる。
松井さんは「アライグマの動きに敏感に反応して扉が下りるよう、何度も調整を重ねた」と開発の苦労を振り返る。

 昨年10月に意匠登録を申請し、今年3月に認定。
「アライグマ カムカム」の名称も昨年8月に商標登録されている。

 空知管内ではアライグマによる農産物被害が広がっており、総合振興局によると2012年度の被害額は約2900万円、捕獲頭数は2079頭に上る。
「アライグマ カムカム」は農協などからの発注で既に200台以上出荷。
松井さんは「手がけた製品が生産者の役に立てればうれしい」と話している。
(池田祥)

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki/532893.html



続きを読む

若い読者が雑誌離れ 出版業界、ファッション誌を中心に対象年齢を40代に引き上げ 研究者「40代〜50代が消費の中心」

1 :うっしぃじま悪い肉φ ★:2014/03/28(金) 17:09:40.25 ID:???
★ファッション誌 対象年齢引き上げの動き 3月27日 6時06分

雑誌の売り上げが大幅に落ち、特に若い読者の雑誌離れが進んでいることから、
出版業界では新年度に合わせて、ファッション誌を中心に対象年齢を
40代に引き上げた新たな雑誌を創刊したり、若者向けだった雑誌の内容を
一新したりするなどの動きが相次いでいます。

全国出版協会によりますと、インターネットやスマートフォンの普及などで、
雑誌の販売額は16年連続で下がり続けていて、去年は8972億円と、
ピークの平成7年に比べて40%以上減っています。

特に、かつては購買層の中心だった若い読者の落ち込みが大きいことから、
ファッション誌を中心に新年度に合わせて対象年齢を引き上げる動きが相次いでいます。

このうち宝島社は、従来は20歳前後や20代半ばを対象にしていたファッション誌の対象年齢を、
軒並み5歳前後引き上げるとともに、40歳前後を対象にした女性ファッション誌を26日に創刊しました。

また、集英社も雑誌の主な購買層に合わせて40歳以上の女性編集者だけの編集チームを新たに設け、
今月、女性の美と健康をテーマにした40代以上向けの雑誌を創刊しています。

さらに、かつては若者サーファー文化の象徴的な存在だった日之出出版の「Fine」も、
28日発売の5月号から30代以上の男性向けに内容が一新されます。

日之出出版の榊原達弥編集統括部長は、「かつては大学生が車やサーフボードを持つなど
若者の消費に勢いがあったが、時代が変わってきた。かつての読者も年齢が上がっているため、
大人向けに特化させた」と話しています。

中高年の消費行動を調査している、博報堂の新しい大人文化研究所の阪本節郎所長は、
「今の若者は『必要なものしか要らない』という傾向が強いのに対し、
今の40代、50代は若いころにバブルを経験し、自分が流行の中心という意識が強い世代と言える。
子どもが成長して手がかからなくなったことで、この世代が消費の中心になっていて、
出版にかぎらず、さまざまな業界がターゲットにしている」と話しています。

NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140327/k10013270881000.html



続きを読む

半年間で50万円以上の現金を得た人も スマホ、高額なキャッシュバック目的で短期間乗り換え急増 国が対策検討

1 :うっしぃじま悪い肉φ ★:2014/03/28(金) 11:10:55.05 ID:???
★スマホ 現金目的で短期間乗り換え急増

スマートフォンの顧客獲得競争が激化していますが、携帯電話会社を乗り換えたときに支払われる
高額なキャッシュバックを目的に、短期間で乗り換えを繰り返す利用者が急増していることが、
通信会社などへの取材で分かりました。
こうしたキャッシュバックの費用は継続的な携帯電話利用者が負担している構図で、国が対策の検討も始めています。

スマートフォンの顧客獲得競争は激化していて、大手携帯電話会社3社はことしに入って、
会社を乗り換えた利用者に対し5万円から8万円程度の高額なキャッシュバックを行っています。

このキャッシュバックを目的に、短期間で携帯電話会社の乗り換えを繰り返す利用者が急増していて、
このうち東京の日本通信では、契約を30日以内に解除して他社に乗り換えた件数が、
先月までの3か月間でおよそ1万5000件に上ったことが分かりました。

この数は前の年の4.5倍に当たり、これまでで最多だということです。
さらに、携帯電話向けの回線サービスを提供しているソネットでも、
こうした利用者がことしに入って急増しているほか、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社でも多くいるとみられます。

背景には、キャッシュバックが高額化したため、乗り換えに伴う違約金や手数料を支払っても得をすることがあり、
NHKの取材では半年間で50万円以上の現金を得た人もいます。
さらに、こうしたキャッシュバックの原資は実質的に継続的な携帯電話利用者が支払っている通信料金で、
野村総合研究所の推計によりますと、負担額は利用者1人当たり年間3000円近くに上るということです。

このため総務省の作業部会は、利用者の間に不公平が生じているとして、対策の検討も始めています。
日本通信の福田尚久副社長は、「1社だけで対策をすることは難しい状況になってきている。
国が主導して是正していく必要がある」と話しています。

●各社と国の対応は

他社から乗り換える利用者へのキャッシュバックが高額化していることについて、
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手携帯電話会社3社は、不公平感も強まっており、現状には問題があるとしています。
そのうえで、NTTドコモは「他社の状況を見ながら、キャッシュバックは減額・縮小し、
継続利用者を優遇する方向にシフトしていきたい」としています。

また、ソフトバンクは「速やかに適正化に取り組んでいきたい」としていて、
KDDIは「今後の策についてはコメントできない」としています。
3社の中には、来月に向けてキャッシュバックの額を減らす動きもありますが、
今後、競争が過熱した際に、キャッシュバックの額がどのようになるかはまだ不透明です。

また、総務省の作業部会でもキャッシュバックの高額化を問題視する意見が相次いでいて、
規制の必要性があるかなど、現状の確認と対策の検討を行い、
ことし7月ごろまでに中間の取りまとめを行うことにしています。
総務省の作業部会の委員を務める野村総合研究所の北俊一上席コンサルタントは、
「キャッシュバックの費用は実質的に継続利用者が負担していて、不公平でゆがんだ競争になっている。
国が規制して、キャッシュバックはすぐに廃止し、通信料の値下げや料金プランの多様化などで
還元していく必要がある」と話しています。

NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140327/k10013273821000.html



続きを読む

フジテレビで不祥事 連結子会社「ストーリア」元社長が1億円横領 自分の銀行口座に不正送金

1 :うっしぃじま悪い肉φ ★:2014/03/28(金) 09:11:01.74 ID:???
★フジ元社員が1億円流用

フジテレビで、不祥事です。
フジテレビの元社員の男性が出向先の子会社で、およそ1億円の会社の資金を
自分の銀行口座に不正に送金していたことが明らかになりました。
この子会社は婚礼事業を手掛けていて、元社員は社長を務めていました。

http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/newsanswer/news/post_63163/

▽関連リンク
・株式会社ストーリア http://www.storia-wedding.jp/
事業内容 婚礼プロデュース事業

●元社長(元フジテレビ社員)による会社資金の不正流用について
http://www.storia-wedding.jp/release.pdf

・Wikipedia 杉尾敦弘 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%B0%BE%E6%95%A6%E5%BC%98



続きを読む

袴田巌さん(78)釈放、再審開始決定を受け

1 :諸星カーくんφ ★:2014/03/27(木) 19:36:33.74 ID:???
 静岡地裁が再審開始を認める決定をした元プロボクサー、袴田巌さん(78)が27日午後5時すぎに釈放され、拘置されていた
東京拘置所(東京・葛飾)を出た。

 お断り 袴田巌元被告が釈放されたことに伴い、呼称を袴田巌さんに変更します。

ソース(日本経済新聞) http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG2704F_X20C14A3000000/
写真=東京拘置所を出る袴田巌さん(27日午後、東京・小菅)





続きを読む
記事検索