1 :諸星カーくんφ ★:2014/03/27(木) 02:20:21.76 ID:???
ソース(JBPress、 阿部 純一氏) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40270

 中国の台頭に伴い、近年では米国内に「台湾放棄論」とも言える議論が散見されるようになってきた。

 1979年の米中国交樹立以来、台湾問題は常に米中関係の「のどに刺さったトゲ」のようなものであった。端的に言えば、米国が
「台湾関係法」に基づいて台湾の防衛に必要な兵器を売却するたびに米中関係がギクシャクしてきた。そうした状況が緩和されて
きたのは、台湾で馬英九政権が誕生し、中台の関係が劇的に改善されてからである。

 そこから、なぜ米国内での「台湾放棄論」が出てきたのか。1つには重要さを増す米中関係を良好な状態で維持する上で、米国に
とって台湾の存在が邪魔になったとは言わないまでも、面倒くさくなったことが指摘できる。

 さらに言えば、中台の改善が進展した先に、平和的な「統一」の可能性を感知し、米国が台湾から手を引くチャンスが来たということ
もあるだろう。

■研究者、学者たちによる台湾放棄論

 ポートランド州立大学のブルース・ギリ―は、「フォーリン・アフェアーズ」誌(2010年1〜2月号)に寄稿し、台湾の「フィンランド化」、
すなわち安全保障の後ろ盾を米国から中国に移行させることが米国の国益にかなうと論じた。

 カーネギー国際平和財団のマイケル・スウェインは、米国が台湾への兵器供与を決めるたびに繰り返される不毛な米中対立の
危険性から、米国が仲立ちして中台の信頼醸成を促し、台湾への兵器供与を控えるべきだと2011年に書いた論文で唱えている。

 同じ年にジョージ・ワシントン大学のチャールズ・グレイサーなどは、もっと直接的に、台湾から手を引くことが米中関係改善に寄与
すると論じていた。

 確かに、中国の強大化に歯止めがかからないなかで、馬英九政権によって中台関係が改善し、中台の「平和的共存」が眼に見える
形で実現しつつあるかに見える。そこに、中台の問題解決を平和的に進めるべきだと主張してきた米国が介入する余地は見当たらない
ことが指摘し得る。

 米国の台湾擁護派の学者・ナンシー・タッカーは、早くも2002年の時点で「台湾が『統一』を選択した場合、米国にそれを妨げる
オプションはほとんどない」と述べていた(「ワシントン・クォータリー」2002年秋季号)。

■中台統一が合理的な選択と論じるミアシャイマー

 今回、ここで論じる「台湾放棄論」は、これまでの議論と論点が異なる。議論の対象として取り上げるのは、シカゴ大学教授で、
歴史研究をバックボーンに「攻撃的現実主義」の国際政治論を展開するジョン・ミアシャイマーが、「ナショナル・インタレスト」誌
(2014年3〜4月号)に寄稿した「台湾に別れを告げよう(Say Goodbye to Taiwan)」という論文である。

 ミアシャイマーは、大国間政治の歴史に立脚した将来展望として台湾の運命を論じている。単なる政策論ではなく、将来の米中関係
がどのようなものになるかという観点に立って台湾の選択肢を検討し、次のように結論づける。

 台湾は、独自の核保有が米中の反対もあって不可能であり、自らの通常戦力による抑止力強化も、防衛の戦争が台湾領土で戦う
ことなどを考えれば損害が極めて大きい上に、最終的に勝ち目がない。よって、香港型の高度な自治権を確保した形で中国との統一
を図ることが、台湾にとって合理的な選択となる、としているのである。

>>2以降に続く)






2 :諸星カーくんφ ★:2014/03/27(木) 02:20:53.00 ID:???
>>1の続き)

■今後10年以上、中国の台頭は続く

 論文の内容を適宜紹介し、特徴的な論点を分析してみることにする。

 彼の考察の前提は、今後10年以上中国の台頭が続けば、台湾が現在享受している「事実上の独立国家」であるという「現状を維持
すること」が困難になるだろうということである。

 台湾住民の意思は、中国に「統一」されることを支持せず、基本的に「現状維持」を志向し、チャンス(つまり中国が台湾の「独立」を
認める機会)があれば、「独立」を目指すというものである。しかし、中国がそれを認める可能性がない状況に加え、米国が中華人民
共和国を唯一の正統政府であるという「1つの中国」政策にコミットメントしている事実に照らせば、台湾の「独立」はあり得ないことになる。

 中国の「台湾統一」願望は、中国にとって台湾が常に「神聖な領土」であったとするナショナリズム的側面と、中国が台頭するなかで、
アジアでどのように振る舞うかに関わる安全保障的側面から説明し得る。

 ナショナリズムについては多言を要さないが、中国共産党の「統治の正統性」にも関わってくる問題である。安全保障的観点に
ついては、歴史的に見た大国間政治の理論に従って予見すれば、米国が19世紀にヨーロッパ列強を西半球から追い出したように、
中国はアジアから米国を追い出し、地域覇権国家を目指すだろうと予見している。

■米国が台湾を手放すべきではない理由

 以下はミアシャイマーの観点である。

 中国が台湾を統一することによって得られる戦略的利点は、第1に台湾の経済・軍事的資源を取り込むことで、アジアにおける
パワーバランスを、中国にとってさらに有利な方向に変化させることができることだ。

 そして第2に、中国に隣接した台湾という「巨大空母」を手に入れることによって、西太平洋方面へのパワープロジェクション能力を
強化することができる。

 このように中国による「台湾統一」が中国に大きな利点を与えることになるとすれば、それを阻止することが米国の利点となるわけ
だが、台湾はその文脈において、いつまで米国に安全保障を頼ることができるかどうかが問題になる。

 米ソ冷戦時代と同様に、米国は台頭する中国に対抗するため、中国からの脅威を共有する日本、ロシア、インド、韓国、ベトナム
などの国と提携し、中国とのバランスを取ろうとするだろう。米国は、台湾がこの提携に加わり重要な役割を果たすことを望むことに
なる。米国は台湾の戦略的資産を自分たちの側に置き、中国側に渡さないことで戦略的なバランスを取ろうとするのは間違いない。

 同時に、米国の台湾に対する安全保障上のコミットメントは、アジア地域における米国に対する信任に大きく関わる。中台間で危機
が起こった場合に、もし米国が台湾との軍事的な関係を断ったり、台湾の防衛に失敗したりすれば、アジアにおける米国の同盟国
に対し、米国の保護に頼ることはできないという強力なシグナルを送ることになる。その意味からも、米国は台湾の擁護にこだわる
ことになる。

■米国が台湾を見放すことになる理由

 しかしその一方で、中国に対抗し、バランスを取るための連携に台湾が持続的に参加することは難しい。今後10年以上先に、現在
よりも格段に軍事力を強化した中国が台湾を攻撃した場合、米国が台湾の防衛を助けることができなくなっていることが考えられる。
地理的に見ても、台湾は中国に非常に近く、米国からははるかに遠い。これは軍事力を投入する場合、中国に圧倒的な優位をもたらす。

 しかも、米国は核戦争へのエスカレーションを恐れ、中台危機に際して中国に対し大規模攻撃を仕掛けるのに消極的になるだろう。
これも中国を利する要素となる。

(さらに続きます)



3 :諸星カーくんφ ★:2014/03/27(木) 02:21:24.36 ID:???
>>2の続き)

 将来的に台湾の通常戦力による抑止力が中国に対し有効でなくなるのであれば、米国の「核の傘」を台湾に提供する選択もあるよう
に思えるが、中国によって台湾が侵略されたからといって米国は戦争を核使用のレベルまでエスカレートさせようとはしない。全面的な
熱核戦争のリスクを冒すほど台湾の価値は高くないからだ。台湾は日本、さらに韓国とは違うのである。だから、米国は台湾に拡大
抑止を適用することはしないだろう。


 もう1つ、米国が最終的に台湾を見放すことになる理由は、台湾が米国にとって利益にならない米中戦争を引き起こす危険な
フラッシュポイントであることだ。

 米ソ冷戦の時のベルリンはソ連の領土ではなかった。その意味でも台湾の戦略的価値はベルリンの比ではない。米中戦争の
フラッシュポイントとしての台湾の危険性に加え、将来的に強大化した中国を前に、米国が最終的に台湾を防衛できなくなる事態を
迎えるとするなら、米国にとって台湾を放棄し、中国が台湾に統一を強いることを許容することが、良い戦略的センスということになる。

■いずれ日本も台湾と同じ立場に?

 以上、ミアシャイマーの観点を大まかに紹介してみたが、米国の現実主義学派であるクリストファー・レインの言う「オフショア・
バランシング」の議論と類似していることにまず注目したい。

 レインによれば、「米国が中国の攻撃から台湾を守るという事実上のコミットメント(誓約)は冷戦の名残である。1950年6月に朝鮮戦争
が勃発していなければ、米国は65年近く前に台湾から手を引いていたであろう。中国にとって再統一は最重要課題である。米国に
とっては、それを防ぐことに切迫した利害はない。米国はオフショア・バランサーとして、台湾を守るために軍事力は行使しないという
立場を明確にする。そうなれば、台湾の政策担当者は、中国との妥協を検討せざるを得なくなるだろう」(「パックス・アメリカーナの
終焉後に来るべき世界像─米国のオフショア・バランシング戦略」、「外交」2014年1月号)ということになる。

 ミアシャイマーの、台湾の戦略的価値を評価した上で、それでも中国との戦争を避けるために台湾を放棄しなければならないとする
議論と比べると、レインの議論は身も蓋もない印象があるが、政策的結論は一致している。

 その一方で、米国の戦略家であるエドワード・ルトワックによれば、「中国がその台頭する力を周辺国に対する領有権の主張という形
で表現すると、それが敵対的な反応を発生させることになり、影響力(ソフト・パワー)を破壊することになって全体のパワーを減少させる
ことになる」(『自滅する中国』)と論じている。

 ミアシャイマーの議論が、中国の将来的な強大化を前提にしているのに対し、ルトワックは強大化し対外的に強硬な姿勢を取る中国に
「自滅」の影を見ている。中国に対抗し中国とのバランスを取るための関係国による連携を予想する点では両者は共通するが、ルトワック
は中国内部における民衆の不満や軍の発言力増大が政権への圧力となり、政権担当者が外部世界で中国がどう受け止められているか
について十分配慮できていない点を指摘している(実はミアシャイマーも、中国の成長減速や深刻な国内問題が地域覇権国家への道を
妨げることになるとの指摘をしている)。

 ミアシャイマーの議論は、中国がこのまま大国としてパワーを増大していけば、台湾が中国に統一されることは避けがたいという
「大国間政治」の論理によるものである。そこで問題となるのは、台湾を日本に置き換えた時、やはり同様の論理で日本が見捨てられる
ことにもなりかねないということだ。

 日本の立場は台湾と基本的に違いがあるのか。米国の軍事力をアジアから排除しようと中国が考えるならば、日本こそがそのための
ターゲットとなるのではないか。われわれにとって、東アジア情勢の目前の変化に目を奪われがちになるのは仕方がないにしても、
長期トレンドをしっかり把握し戦略的に将来を見据えることもまた重要である。

(終わり)



4 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:22:19.15 ID:0+lTo9V/
日本はロシアと組むべき論を後押しするのですねw



5 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:25:26.68 ID:A/oLLyOD
日本は早く台湾を緩やかな形で吸収した方が良いな
併合は難しいにしろ



6 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:26:25.66 ID:SX0IJVXh
長い。

国民党が共産党との話し合いを始めたが、
アメリカは統合を認めないだろうよ。



7 :朝鮮式戦略:2014/03/27(木) 02:26:46.47 ID:HLh3ZJt2
アメリカでロビー活動をしているだけ、
アメリカでロビー活動をしているだけ、
アメリカでロビー活動をしているだけ、
アメリカでロビー活動をしているだけ、
アメリカでロビー活動をしているだけ、
アメリカでロビー活動をしているだけ、
アメリカでロビー活動をしているだけ、
アメリカでロビー活動をしているだけ、



8 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:28:59.96 ID:Binl7ebo
世界中の「民主主義」の識者はこう思ってるんじゃないかな。

「中国・ロシアのような共産圏の国が栄えるてもらっては困る。」

中国が台湾を統一することは出来ない事は容易に想像できるはず。



9 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:29:02.27 ID:40DM+VM7
でも最近のアメリカみてるとホントに何がしたいのかよう分からん
アラブの春にしてもシリアにしてもクリミアにしても、全部裏目に出とるやんけ



10 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:29:12.26 ID:tmkxEJGH
そうなったら日本が再軍備して日台安保条約を結んで守ります。
もちろん対等な国と国の立場でね。



11 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:30:09.24 ID:qNkPT19i
早くアラスカ、プエルトリコ、ハワイを手放せよ



12 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:30:31.46 ID:7vTASdu/
ある種 台湾自身が選んでるからなぁ
このまま中国が力をつけていけば

まぁ現アメリカ大統領を観ていれば 身の振り方も考えるわな



13 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:31:52.47 ID:kSffldqI
そのうち中国自体が分裂しちゃうんぢゃね?



14 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:32:25.96 ID:FEe58LGF
台湾が中国に飲まれるのは時間の問題
歴史的にもそれが正しい

>>9
米本土の防衛以外興味ない



15 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:34:07.81 ID:nxjwOFZs
 
もうさ、ごめん、日本実は核兵器作っちゃってましたー!

って言うだけでいいと思うのねw

これだけの科学技術立国だぜ? 信じるってwww



16 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:37:01.25 ID:6fdq1djK
オバマじゃ、世界が混乱するだけ。



17 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:37:44.09 ID:40DM+VM7
>>14
んだったら他国にちょっかい出すなよって思うんだよな
下手に手だして混乱させて敵作って最後は途中で放り出して現地に押し付ける



18 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:38:22.38 ID:Vk+EpZ/n
オバマ民主党がたんなる日和見主義に陥っているから世界中が混乱するのだ。
世界の警察という使命をいきなり放り出して引きこもりだすとは何ごとか?



19 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:42:23.70 ID:7ozrMHwr
.
台湾は日本の生命線!!



20 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:52:30.58 ID:49aMr3Nl
核を持てるかどうかで決まるな。



21 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 02:54:09.33 ID:MSdeVLeA
なるほど
日本の核兵器保有は必須だなあ



22 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:03:52.00 ID:SiiTPJWO
>>1
フン。記事ソース記者は、北京大に留学したことのある親中の人物か。

ま、台湾が中国に統一されることも、それをアメリカが容認することも100% 無いって断言しておいてやるよ。
台湾はまがいなりにも「民主主義国家」。それに引き換え中国は「共産党独裁国家」。

アメリカは、片時も中国が「共産党独裁国家」であることは忘れてはいない。
そもそも、アメリカの「国是(国家の基本方針)」は、「自由と民主主義」である。

そのアメリカは、独裁国家の中国を、今は適度に利用はしてるが、
チャンスがあれば、必ず崩壊へと導こうとしてるだろう。

(ただ、まもなく中国は自滅すると読んでる風ではある)



23 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:07:10.98 ID:bp4wrNWM
>>22
お前の断言にどれ程の価値と信憑性があるんだよw



24 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:08:07.97 ID:SiiTPJWO
>>23
おい、ノータリンは近づくな。
オマエに理解してもらおうとは思ってねえよ。
ウゼイからアッチへ行っておれ。シッ、シッ。



25 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:15:50.29 ID:bp4wrNWM
>>24
いいからさっさと国へ帰って兵役こなせやエベンキw



26 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:16:38.28 ID:R9tWWPot
米の手に負えなくなった中国、時間の問題だな。しかしそうなっても台湾人の底力でが中国の
トップになれば無問題。



28 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:20:41.36 ID:V90dtFUo
台湾で学生運動起きてるじゃん

台湾の将来を担う学生の多くが、中国に吸収されるのを嫌がってるってことだろ
これを、アメリカが「中国様、中国様は台湾をどうかおおさめください」ってやったとしたら
台湾の若い世代、つまり次の時代を担う世代は、多くが反米になるんじゃないのか

まあ最近のアメリカは敵を増やしたいだけにしか見えないのでよく解らんが



29 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:22:19.58 ID:fFqPFDmK
台湾が危ない、このままだと台湾は本当に中国に吸収されてしまうかもしれない・・・。



30 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:22:40.19 ID:u87ecWha
長期的な見方をすればごく当たり前のはなし
台湾の次はどこか、言うまでもあるまい
その時期を次世代、三世代と遅らせることは可能であろう
他国との安全保障協定、憲法改正、軍備拡張などが有力手段

観光や文化、スポーツ交流を通じての 国民相互の信頼性を深めることも有力だ



31 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:27:36.37 ID:Z7hKJ8Zr
オバマって稀代のオオバカだよね
世界を混乱させてるしアメリカ自体も弱くしてる



32 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:31:25.36 ID:qhhgcZfm
日本の立ち場からみた戦闘力

 韓国 クレヨンしんちゃんのブリブリ左衛門尉
 台湾 桜吹雪の遠山左衛門尉



33 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:34:03.28 ID:n3QXwNmU
>>1
諸越くうかの記事は偏ったブログネタが多いね。
 



34 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:43:36.14 ID:TxhGjsKF
アメリカに守れ無くても、アジアが中国韓国北朝鮮を除いて連合か州でひとつに成れれば
いいのにな、ユーロみたいに成らなければ。



35 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:44:43.07 ID:AnE901bn
日本の脱原発は選択肢として
ありえないということですね

よくわかりました



36 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:46:37.63 ID:Vo2EwKMZ
日本なら侵略だろ
逆に言えば中国を日本のものにしても構わない



37 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:47:43.26 ID:8EHlt0Qy
日本人から見たら
中国も台湾も同類だからな



38 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:47:49.65 ID:1WQ/Um3s
台湾は日本の仲間



39 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 03:57:44.11 ID:aBITlxMX
次は日本だな



40 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 04:02:21.20 ID:zBVTAbV+
>>22
ま、まがいないにも…。



41 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 04:04:10.90 ID:KeNzQ+Ce
アメものん気だな中国人に乗っ取られるぞ
その前にどの国も従わなくなるかもな



42 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 04:04:59.18 ID:IU/GdqJ8
日本もライセンス生産なんて50億程度のミサイルに2000億払うとかしてないで自国で兵器の生産したり諸外国から安く買って研究して、
軍事費もゆくゆくは2%以上10兆円は確保して、思いやり予算7000億は廃止、NHKも廃止して受信料の半分を国民全世帯に負担させれば、国防費6500億くらい増える。
受信料分を全世帯から取れれば倍以上、外国人ナマポ廃止で1200億円、とりあえず増税しなくても毎年1兆5000億円は確保出来るな。
中国へのODA300億も削減出来るな、強盗に資金やってるようなもんだ。敵国条項の解除もない連合軍の負担金300億もなしだな。
携帯のユニバーサル料金に30円のせれば688億は稼げる。
兎に角、自主独立しないとアメリカは守ってなんかくれないぞ。



43 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 04:19:28.95 ID:ejTpQQp2
所詮中国人だぞ。
by香里奈



46 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 05:12:09.39 ID:122r/IWf
げんきっこどうぶつ板で奮闘するブサヨの


諸星カーくんφと丑φ wwwwww



47 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 05:30:26.19 ID:P/7/Vauf
>>46
朝から働くもなく、税金食いつぶす愛国者づらする、
ゴミウヨの正義感wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



48 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 05:37:32.06 ID:/L8ftaa7
おバカなオバマを見てると、説得力ある指摘だ。
アメリカの対中国政策は、常に失敗ばかりだからな(笑)



49 :あ:2014/03/27(木) 06:02:02.07 ID:fewIyYIH
そりゃ世界一の人口、発展国.アメリカも気使うわ
そりゃ面倒臭い
中国やりたいほうだい



50 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:02:04.08 ID:qew4Zv+M
日本政府は、強制連行されたって言ってる連中を、祖国で
あるところの韓国にすみやかに返還すべきだよな。



51 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:02:42.91 ID:wQ32it/S
中国の経済発展が続くと考えてるだけでも大あほ



52 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:04:23.65 ID:0Qrt3Uxx
戦後のどさくさに中国が侵略した台湾を
もう一つのまったく関係ない中国が取り込もうとしてる
これの原因の密約を作ったのもアメリカだからな
ソ連には北方領土
中国には台湾



53 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:09:53.41 ID:7G9lQivZ
>>1
平和は他国に頼らず自国の武力強化でしか確保出来ない。
日本は核武装が最低条件ですね。
それが極東アジアの平和に繋がる。



54 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:14:25.12 ID:OW7xA69U
これが許されるなら大日本帝国も満州国も何が悪かったんだ?となる。



55 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:15:07.18 ID:e6I/uvs8
アメリカ軍が存続するには仮想敵国がなければならない。
その最大の仮想敵国が中国であることは間違いない。
過去は日本・ドイツ、ソ連だった。



56 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:15:20.39 ID:hhLB6sW3
いずれグアムまで防衛線下げるつもりかよ



57 :■無くそう、テレビ番組の無用で過剰なウザイ常時表示■:2014/03/27(木) 06:15:38.13 ID:4aN0pXpl
 




 放棄してる事になるのは、米国自身の威厳だろ。



 



58 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:18:10.50 ID:OE4pLGiJ
台湾が沖縄の米軍基地の移転受け入れもっと早く表明していれば、
こういうことにはならなかった。



59 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:31:35.22 ID:rW2giH4z
中国の台湾化
ロシアのユーロ化
北の韓国化
日本の米国化 グローバル化
多少の戻りはあってもフラット化は避けられないでしょう
金融資本・情報通信の威力でしょうね



60 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:36:43.18 ID:7V16Y3XV
馬を選挙で選んだってことは後戻りのできない選択をしたってことだ。
残念だが、この流れは変わらないし西側が介入できる問題じゃない。



62 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:45:40.16 ID:e4D5eHlJ
台湾人の人たちはそんなの全然望んでいないと思うの



63 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:47:51.21 ID:Uavzivmv
もろゴミスレ。解散



64 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:54:57.37 ID:FkmmP87z
ここで問題なのは、アメリカはあてにならないって事
国内でいうところのも公明のような
影響ありそうななさそうな、実際どうなのみたいな

無駄金払わないで、自衛隊の強化、自衛隊が独自に持つ衛星への投資を急ぐべき
まあ日本国民軽視の自民じゃ無理だろけど



65 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 06:58:04.86 ID:m60r0PdJ
ケネディ大統領は核戦争も覚悟してキューバ封鎖を決断した。
そのくらいの覚悟がないと悪の帝国とは戦えないということ。
アメリカの財政がもたない云々ではなく覚悟の問題なのだ。
中国は太平洋をアメリカと二分しようという意志をはっきり持っている。
それに対抗できるのはアメリカ以外にはないのに、アメリカは中国との共存の
道を選んでしまった。
もし台湾が中国に取られたら日本が中国に一部になることは避けられない。
もちろん中国はそれを狙っている。初めて中国人が日本の支配者となるのだ。
元寇以来の危機が日本に迫っている。



67 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 07:04:49.49 ID:4kI5QwG/
>平和的な「統一」の可能性を感知し

これはまず良いとして、日本が中国に平和的に併合されるなんてありえないだろ
ナニ同列に語ってるんだって話だな



68 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 07:05:20.97 ID:5WRrQ2am
中国マネーしか興味が無いのかね



69 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 07:06:54.97 ID:l2ihtntp
日本の核武装は必然ってこと?

>>63
何でそんなにびびってるの?w



70 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 08:02:52.29 ID:98Pt1G1C
要はヘタレたアメリカは中国と張り合うのではなくその庇護のもとに入った方
が楽だと、そういう話をしているわけだw
いいんじゃないの平家物語のそれでw
確かにヘタレオバマをアメリカ国民が選出した時点でアメリカの凋落の象徴だ
ったということだろうw
だからといって、何も日本が中国に呑みこまれる必要は何もないんで余計なお
世話だよ。
そうなれば、日本もこれまでとは違う新しい生き方をすればいいだけなんでw
その時はとっとと在日米軍基地は明け渡してもらうwwww



71 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 08:03:22.04 ID:wrtK0Ydo
戦後の流れを見る限り、大日本帝国が満州、台湾まで持っていた方が世界は
明らかに平和になったと思う。そもそも中共など誕生することもなかった。
おそらくアジアの経済力は今の数倍になっていただろう。



73 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 08:10:35.04 ID:H8hccJFF
まずいなー。シナの浸透圧を甘く見積もり過ぎているんかな



74 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 08:14:32.25 ID:mqwl3UMW
これからは、日本と台湾の協同体で中国からの侵略に備えるべき。
中国には1ミリの領土拡大と中国人の侵略を許してはならない。
防衛の為、共同で核武装をするべき。



75 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 08:56:59.63 ID:10GDBSQc
朝鮮が侵略されればいいのに



76 :名前をあたえないでください:2014/03/27(木) 09:23:42.67 ID:qzYKbKYv
アメリカが日本を放棄するなら、その前に韓国を放棄しないとwwww





情報元:http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1395854421/