ニュースジャングル


SlackがMissionsを買収してルーチン的なタスクの統合を支援

1 :田杉山脈 ★:2018/07/18(水) 18:59:17.72 ID:CAP_USER.net
2018年7月18日
Slackは有料の企業ユーザーが増えているので、彼らの仕事に役に立つような他サービスの統合が、容易にできるための方法を模索している。

今日(米国時間7/17)同社は、Robots and PencilsのMissionsを買収したことを発表した。これによりSlackのユーザーは、コードを書かなくても、毎日の仕事の単純なルーチンを自動化できるようになる。買収の条件は、公表されていない。

有料ユーザーは、Slackにいろんなものを統合することが好きだ。Slackのアプリケーションディレクトリを見ると、今すでに1500あまりのアプリ/アプリケーションをSlackの中から使える。同社によると、企業ユーザーの94%がほかのアプリとそれらの統合を利用し、64%は独自のアプリを作っている。しかし、非技術系の部署にとって、統合は簡単な仕事ではない。そこでMissionsは、ビジュアルな流れによってその過程を単純化する。

これまでユーザーの多くは、Slackのチャットの中で「××を使って○○しよう」という会話をし、Slackをいったん終了してから××を立ち上げていた。Missionsを使うと、何度も同じことをやるプロセスをSlackの中からできるための、ワークフローを作れる。
https://techcrunch.com/wp-content/uploads/2018/07/Request-Triage.png?w=680

よくやるタスクといえば、たとえば新人のオリエンテーションだ。新入社員に記入すべきフォームを教え、彼らが会うべき人を教え、彼らがその日その週内に完了すべき仕事を教える。また人事などでは、人の採否決定〜通知のプロセスを頻繁に繰り返すことが多い。頻繁に繰り返すといえば、社内的なチケット発行なんかもそうだ。

Missionsの現在のユーザーは向こう数か月は無料で利用できる。その後SlackはMissionsを本格的に統合する。では、Slackの中でMissionsを使えるようになるのはいつか? 同社によると、詳細がはっきりするのは“今年の終わりごろ”、という。
https://jp.techcrunch.com/2018/07/18/2018-07-17-slack-acquires-missions-to-help-users-automate-work-tasks-inside-chat/



続きを読む

三菱UFJ信託、個人データ提供の「情報銀行」検討

1 :田杉山脈 ★:2018/07/18(水) 16:26:59.95 ID:CAP_USER.net
三菱UFJ信託銀行が商品の購買履歴などの個人データを預かり、民間企業に提供する「情報銀行」のサービスを始める検討をしていることが分かりました。

 三菱UFJ信託銀行が検討しているのは、個人のデータを預かり、同意を得たうえで企業など第三者に提供する「情報銀行」と呼ばれるサービスです。

 具体的には利用者が商品の購買履歴や健康に関する情報などの個人データを専用アプリに記録。そのうえで、提供する情報と企業を選び、データを提供するというものです。利用者は企業からお金やサービスを受け取る一方、企業側はデータを商品開発などに活用します。

 三菱UFJ信託銀行は来月から1000人規模での実証実験を始め、2019年度の実用化を目指す方針です。(18日11:08)
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180718-00000040-jnn-bus_all



続きを読む

家庭菜園、AIが助言 NTT東、光回線とセット販売へ【loT】

1 :ラテ ★:2018/07/18(水) 15:27:22.78 ID:CAP_USER.net
NTT東日本は、あらゆるモノをインターネットにつなぐ「IoT」の技術を使い、家庭菜園のシステム開発に乗り出した。ネットにつないだ専用プランターで育ち具合を管理し、人工知能(AI)が栽培の助言をする。来年中のサービス開始をめざす。

社長に先月就いた井上福造氏(63)が朝日新聞の取材に明らかにした。

専用のプランターに野菜などの種をまいてもらい、付属のカメラやセンサーで画像や温度、照度といったデータを集める。

ネットを通じてAIが生育環境を分析し、「間引きしましょう」「週末に日を当てましょう」といった助言を利用者のスマートフォンに届ける。

開発はベンチャー企業と共同で進める。住宅メーカーと組み、住宅を買う人にNTT東の光回線とセットで売り込んでいく。

NTT東は固定電話の利用が減り、収入も減少傾向が続く。ネット通信に使う光回線の普及も一段落するなか、光回線を使った新たなビジネスの柱にIoTを位置付ける。

現在は工業や農業といった業務用が中心だが、今後は家庭菜園のような個人向けにも広げていく。井上氏は「新しい需要を見いだして付加価値を高めれば、増収の余地はある」と話す。

2018年7月18日12時28分 朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL7F35WWL7FULFA007.html?iref=sp_new_news_list_n



続きを読む
記事検索